新しく改良されたTokenStudio |博学者

私たちの企業グループに参加する


博学者

「…課題は、無限に複雑なものを取り上げ、それらをよりシンプルで理解しやすいものにすることです。」

ロバートグリーンバーグは、広告が直面している課題に関連して2006年にこれを述べましたが、今日は特に痛烈です。実際、複雑さを単純さと理解しやすさに変えるという考えは、博学者のDNAに根付いています。私たちの使命は、ブロックチェーンテクノロジーを使用して財務を自動化および簡素化することであり、TokenStudioの最新バージョンはこれが何を意味するのかを正確に示しています。

Polymeshの新しいTokenStudioは、ユーザーがセキュリティトークンを作成、発行、管理するためのゲートウェイとなり、 AldebaranTestnetでテストできるようになります。

トークンスタジオの進化

3年前にイーサリアムでTokenStudioを立ち上げました。それ以来、このテクノロジーを使用して200以上のセキュリティトークンが作成され、業界を動かしている理由について詳しく知ることができました。最も重要な学習は、セキュリティトークンは、汎用ブロックチェーンを備えた規制当局や機関から採用および承認を得ることができないということです。セキュリティトークンには、ガバナンス、機密性、ID、およびコンプライアンスの最重要事項に対処する、より専門的なものが必要です。

この実現は、Polymeshブロックチェーンの触媒でした。また、新しいチェーンを使用して、ユーザーがセキュリティトークンを作成するときにPolymeshの利点を活用できるように新しいTokenStudioを作成しました。

PolymeshでTokenStudioを使用する主な利点は3つあります。

13設計

何よりもまず、セキュリティトークン自体は、発行者による適切な管理と、トークン所有者によるトークンの内容の容易な理解を可能にする方法で構成する必要があります。セキュリティトークンは規制された手段であり、設計による私たちの目標は、ユーザーが法律および財務アドバイザーからのガイダンスに基づいて、ユーザーに必要な規制や法律を簡単に満たすことができるようにすることです。Token Studioは、詳細なキャップテーブル管理と将来のデータフィードに必要なデータを入力するためのユーザーフレンドリーなUIを提供します。トークンのティッカーシンボルを予約した後、トークン名、資産タイプ、ISINやCUSIPなどのセキュリティ識別子、資金調達ラウンド、トークンの分割可能性などの一連の入力について説明します(つまり、このトークンは次のようになりますか?完全なトークンまたは端数で保持および転送されます)。最後に、ユーザーがトークンに参照資料を追加できるようにして、トークン所有者が必要なすべてのドキュメントに1か所でアクセスできるようにします。

13アイデンティティ

証券規制では、発行者が資産の保有者に関する基本的な知識を持っている必要があります。汎用ブロックチェーンはこれに反します。たとえば、イーサリアムには、チェーンにアクセスできるユーザーやアカウントの数に制限はありません。

Polymeshを使用するには、各ユーザーがKYCプロバイダーとの簡単なID検証チェック(顧客デューデリジェンスまたはCDD)を受けます。このプロセスを通じて、各ユーザーはPolymeshで単一の一意のIDのみを持つことができ、個人またはエンティティが複数のアカウントを保持するリスクを軽減します。Polymeshの一意のIDはそれぞれ複数のアドレスを持つことができますが、セキュリティトークンはIDレベルで保持されるため、コンプライアンスチェックは一意でないアカウントではなく単一のIDに関連付けられます。

13コンプライアンス

CDDを介して検証済みのIDを使用してセキュリティトークンの転送を管理することは、規制対象の機器のコンプライアンスを支援するための優れた最初のステップです。ただし、IDはサポート機能にすぎません。Polymeshを際立たせているのは、CDDによるID検証を基礎として使用することにより、発行者のコンプライアンスを簡素化するアプローチです。

イーサリアムでTokenStudioを使用した場合、ユーザーがトークンを送受信する可能性のある承認済みイーサリアムアドレスのリストをアップロードするホワイトリスト機能に気づいたでしょう。セキュリティトークンのすべての潜在的な受信者と所有者のリストを作成することは、時間がかかり、せいぜい非効率的であり、最悪の場合不可能です。残念ながら、これはセキュリティトークンスペース内の標準です。Polymeshは、はるかに効果的なアプローチをサポートするToken Studioでこれを変更し、ユーザーが各所有者を識別しようとするのではなく、セキュリティトークンを保持および転送できるユーザーの特性を設定できるようにします。これは、クレームベースのトークンルールを設定し、ユーザーがセキュリティトークンを送受信しようとするたびにチェックされるユーザーIDにクレームを添付することによって行われます。

クレームは、KYCプロバイダー、弁護士、または発行者の人事チームのメンバーなど、発行者が承認したクレームプロバイダーによって作成された特定のセキュリティトークンのIDに関する証明です。トークン発行者は、TokenStudioを介して承認されたクレームプロバイダーを選択して追加します。現在、Polymeshは8種類のクレームをサポートしています。

  1. KYC — Know Your Customerチェックが実施され、有効期限が指定されているか、永続的に有効であるという証明
  2. 管轄区域—個人または団体が居住する国に関する証明書
  3. アフィリエイト—個人またはエンティティが、取締役または役員、従業員、子会社など、会社/組織に関連していることの証明。
  4. 認定—個人が認定投資家または経験豊富な投資家であることの証明
  5. 免除—個人または団体が他の請求タイプを満たさない可能性がある包括的な証明
  6. ブロック済み—個人またはエンティティがセキュリティトークンの受信をブロックされていることの証明
  7. 購入ロックアップ—個人またはエンティティが指定された日付までセキュリティトークンを受け取れない可能性があることの証明*
  8. セルロックアップ—個人またはエンティティが指定された日付までセキュリティトークンを転送できないことの証明

クレームは、ブロックチェーンの力がセキュリティトークンにどのように適用されるかを示す良い例です。Polymeshでは、トークン発行者は、管理するトークンに関連するクレームを設定し、トークンが準拠している関係者に確実に転送されるようにします。そこから、クレームは簡単に更新できます。これらはセキュリティトークンのライフサイクル全体にわたって管理できるため、トークンの規制やコンプライアンスルールが必然的に変更されると、該当する制限を更新してトークンのコンプライアンスを維持できます。

*現在Polymeshでは、有効期限が切れていない購入ロックアップを使用して個人またはエンティティにセキュリティトークンを作成した場合、トークンは作成されません。この機能の更新に取り組んでいますが、それまでは、購入ロックアップクレーム、ミントトークンを削除してから、クレームを再度添付することができます。

PolymeshのTokenStudioは、Polymesh AldebaranTestnetを介してテストできます。テスト方法の詳細ここに。新しい開発とテストの機会についての最新情報を入手するには、博学者ベータテストコミュニティ



ソースリンク

登録する
通知する
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

関連記事


© 2021 Binarystar+ Co., Ltd. All Rights Reserved.

0
素敵なコメントをお待ちしております!x
()
x